FGO」カテゴリーアーカイブ

探査のコツのようなこと

 実のところ、自分もあまり効率の良いマップの探査はできていなくて、あとから思い出すと失敗したなぁと思うやりかたが多かった気がしています。ここに記事にしたのは後にイベント復刻の目も含めた自分の備忘録的な内容ではあるし、もちろん今のイベントをまだあまり進めていない人への手助けができれば、それはそれで嬉しかったりします。

・敵ノ排除ヲ最優先セヨ
 まず、基本的にマップ探査は敵マスを見つけて倒すゲームだと割り切ったほうがいいです。敵マスを倒して排除したときにもらえる探査pt(シナリオ進行に必要なポイント)が多く、シナリオを進めるためのメインのpt入手源になります。
 逆にやるべきではないのは、敵を放置して探査マスを埋めるのに熱中しすぎること、きっちり綺麗に探査することを目指してしまうこと、あたりです(自分はこれに陥ってしまったので…)。
 敵を放置した状態でマス埋めばかりしていると、だんだん探査リソースがジリ貧になっていき、特に援護要請をしたい強敵マスを相手にしたいときに、戦闘に欲しいリソースもなく、結果的に身動きが取れなくなって余分にフリークエストを周回する必要に迫られます。シナリオが十分に進んでいないのでまだ効率のあまり良くないフリクエしか選ぶことができず、このことからどんどん悪循環に陥っていきます。
 イベント終了までにはすべでのマスを探査して埋めるとしても、それは全てのフリクエを選べるようになった後にすべきでしょう。
 あと、漂流物(落ちてる宝箱)を入手することでも探査ptを得られますが、これも後半海域のほうがポイントが高いので、序盤海域で必要以上に漂流物を拾うことにとらわれないほうがいいです(とはいえpt量的にもまったく拾わないというわけにもいかないわけですが、まぁ探すのに探査リソースを使うのはリスクはあっても、たまたま見つけて拾うこと自体はメリットだけなので)。
 あと、第4海域はある程度シナリオを進行しないと敵が見えない状態になっています(シナリオ内でその問題を解決する必要がある)ので、その段階でptが足らなくなったら、第4海域より前のマップで探査したほうがいいでしょう。



・強敵マスで援護要請を呼ぶべきかどうか
 あくまで自分の判断ではありますが。

第1海域:呼ばなくてもギリなんとかなる。が、一度戦って無理だと思ったら素直に要請すべきでしょう。普通に強敵です。

第2海域:強敵ε(イプシロン)は第3海域にシナリオが進んでから要請できるようになる援護が欲しい。他は多少条件はあるが第1海域より楽なくらい。事前に敵編成や能力を調べておいて備える必要はありますが。

第3海域:基本的に援護要請無しで倒すのは無理。ごく一部に頑張れば倒すのは不可能ではないものもいますが、自分の場合は結果的に中途半端に令呪を切ったりと本末転倒っぽい状況に陥りました。ここまでくると「探査リソースが惜しいから援護は無しで」という目的からも遠ざかる結果になりかねないので、もう全部援護要請するんだくらいの気持ちで倒していくほうが良いでしょう。

第4海域:強敵マスがありません。普通の敵マスはありますが援護の必要は無いでしょう。自分も最初勘違いしていたのですが、普通の敵マスと強敵マスは違います。
 虚数属性:ギリシャアルファベット(α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)等…)の表記が「強敵マス」です
(普通の敵マスでもフリクエですらも援護要請ができるので、オール信長総進撃のときより勘違いしやすい)。


・探査マスで敵を探すコツ
 敵を倒すことが主なptの入手源なのですが、最初に探査に使えるおっきーは実は敵がいそうな場所にピンポイントで投げ込んでいくのに有効なタイプで、広域を探査するのには向いていません(そんな使いかただと本人泣き出しそうな気はしてくるが)。

 上記の画像はイメージです(敵マスに探査がぶつかると、そこで探査が止まるので綺麗にこのようにならないが、それはむしろ望むところなので)。
 頼光の探査ができるようになったらまず頼光で探査の端どうしを広げていき、敵マスが部分的に見えたときにおっきーを投げ込み戦闘可能マスを探すのが良いでしょう。
 おっきーは未探査マスを残さす綺麗に埋めていくのに便利なので、ついつい頼りがちになりますが、シナリオ進行中に残さす埋めていこうとするのは結果的に無駄が多くジリ貧につながりますので、ひとまずはグッとこらえましょう。
 もちろんラムダの探索が使えるようになったら頼光のかわりにラムダを使って広げていくのはありです。というかラムダメインでいいと思います(ピンポイントでおっきーを投げ込む役割は変わらないけど)。

 あとまぁプレイヤーごとにマップの内容が微妙に違うとのことですが、それでもやっぱりマップを見ないよりは見たほうがいい。そこそこ広いが何も無いっていうところもありますし。以下にごえモンさんの記事のツイッターリンクを貼っておきます。

(↑第1海域の内容です。第2海域以降の内容は以下↓より)



(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング

探査リソースを優先してパーティを組みたい


・イベントフリークエストを等倍で殴る
 今回のイベント、得られるボーナスの設定が一見複雑で、組む時になにを基準にしたらいいのか、感覚的にわかりづらい感じがあります。
 ただイベントをすこし進めてわかってきたのは、探査リソースのボーナスメインでパーティを組んだほうが良い気がします。
 なので、パーティ名に、

「うろこ  槍・術  月・降」
「ひれ  弓・騎  裁・盾」
「歯  剣・殺  狂・讐」

このように記入しておき、そのうえでイベントボーナスのフィルター使ってメンバーを選ぶ。
そして周回するクエストの敵クラスに合わせてメンバーをメインサブで前後入れ替えたりするのが良いような気がします(各フリークエストでどの探査リソースが多いのか事前に調べておきたいです。まぁそういうのは企業系の攻略サイトさんのほうが強いので…)。

 エクストラクラスは
月=ムーンキャンサー、
降=フォーリナー、
裁=ルーラー、
盾=シールダー(マシュ)、
讐=アヴェンジャー(今回のイベントでボーナス有りはエドモンのみ)
です。ちなみに分=アルターエゴです(今回はイベントボーナスを誰も貰ってない)。wiki等では共通語のように使われてる表記ですが、あまり馴染みのない人もいるかもしれないので念のため。
 フレから借りるサーヴァントはネモかゴッホを借りておけばいいと思います(複数の探査リソースのボーナスがあるため)。
 交換アイテムは今はそれほど重視しなくていいと思います。

 で、今回はフリークエストに関してはあまり有利クラスでパーティを組むことにこだわらないほうが良い感じがします。有利クラスを意識しすぎるとパーティを組むのが難しくなる(あるいは探査リソースのボーナスが犠牲になる)。
 不利クラスで戦うような状態はさすがにやりづらいので、そこは編成を考える時に意識したいですが、今回のイベントのフリークエストは現状等倍の攻撃力があれば十分です。凸虚数魔術の攻撃力UPボーナスが、60%と高いためにこれに頼って等倍殴りしていけば十分でしょう。
 もし持っている凸虚数が0~1枚と少ないならイマジナリ・アラウンドで代用する、という感じでしょうか。
 凸虚数がかなり強くて便利なので、交換のイベ限定攻撃力UP礼装(カイニスのやつね)の交換を急ぐ必要もなく、高難易度に間に合えばそれでいいかなって感じだし、交換入手の他の素材を見ても正直イマイチ感がある。交換アイテム集めに関しては現状余力の範囲で良いような気がします。

 フリークエストで不利クラスが混じらないようにパーティを編成するということになると、ここでわりと便利に活躍できるのがエクストラクラスです。フリークエストのザコ敵に裁讐月のジャンケンで足を引っ張られることは少ないですし、ジャンケンに絡んでないフォーリナーは攻撃力UPのボーナスを全員もらいつつ、アルターエゴのザコ敵がズラズラ並ぶフリークエストなどというのはあってもよほど稀なパターンだと思うので、特に今回のイベントにはワイルドカード的に使うことができてしまいます。
 エクストラクラスが便利といってもそこにとらわれる必要もなく、今回のイベントは2部1章がクリア条件であるにしては敵のHPが少なめの気がします(イベ序盤だけかもしれない可能性もあるが)。


・強敵マスは撤退もありで、まずは援護要請はなしで
 強敵マス戦闘マスでの援護要請も今は必要無い程度の敵の強さでしょう。探査リソースを消費してしまうのでマスの探査を優先させたほうが良い気がします。
 敵のクラスがわからない「?」の敵はサモさんなど全体宝具が撃ちやすいサーヴァントで1ターン目に剥いてしまうとわりと楽でしょうか。HPが1のブレイクゲージって見方をしてしまうのも良いかもしれません。
 強敵マスはAP5なんで、この先ちょっと手に負えない敵が出てきたら、撤退するなり死ぬまで戦うなりして、あらためて援護要請をしてチャレンジしなおしても良い気がします。
 あと、どうも強敵マスは探索リソースもイベ交換アイテムも落とさないみたいなので、攻撃力だけ意識してパーティを組めば良さそうです。

追記1:進めていくとさすがに「援護なしでもいけなくもないけど敵の編成や能力を見てないとちょっとキツイかな、というのも出てきますね。後で知ったのですが[虚数属性+ギリシャアルファベット]のボスが「強敵」カテゴリのようで。このあたりの敵の能力なども掲載の早い企業系の攻略サイトさんなどを頼るのがいちばん手軽かなぁとは思います)

追記2:第3海域くらいになると耐性が高くで宝具もダメージがゼロにされてしまったりするので、さすがにこうなると援護要請を使うしかなさそうです。なかにはスリップダメージ等を上手く使って援護なしで倒す方法もあるようですが、正直ここまでになるとさすがに苦労に見合わない気がします)

 自分も今回、最初は編成がめんどくさくて「水着武蔵ちゃん+Wキャストリアで全部やっちまうかぁ~」って正直思ったけど、敵が思ったほどには強くない(2部1章条件にしては)と思ったので、フリクエ周回を探査リソースボーナスのないキャストリアに頼るのは正直もったいない。等倍殴りで全然いけるじゃんって気づくと、普段はまず組ませないようなパーティになったりするので、今回はそこを楽しむくらいのつもりが良いのかもしれません。

(追記:文末のほうにあった探査リソースのグループ分けの話は削除しました。読みにくくてあまり頭に入ってこない内容かなと自分でも思ったのと、実際のところさほど意味のない文章でもあったかと思うので)


(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング



(↓amazonへのリンクです)

高木商店 寒さば味噌煮 缶 190g×24個入

 高木商店のさば缶が1個190円程度換算ならわりといいと思う(他の店のもっとセット数が少ないのは値段設定ががメチャクチャ高いのがあったりするので注意)。
 缶ってまとめて買うとわりと重いからネット通販まとめ買いが自分はいいかなぁ。
 水産物は安物買ってハズレを引くとマジで食えないレベルでどうしようもなくて全部捨てるしかねぇみたいな経験も自分はちょくちょくあるんで、有名所のちょっと良い品を買うくらいのほうが結果的に無駄がすくない気がします。

短期間で多くの「実質的強化」を受け続けた楊貴妃

 実装されたばかりの頃、楊貴妃は正直なところ性能評価はあまり高くなかった印象がある。
 新しい星5サーヴァントが実装されると「弱すぎる」と吹き上がる流れは最近では水着アビーもそんな動きはあったし、いってしまえば多くのサーヴァントの恒例行事であるような気もするし、そもそも騒ぐ層が目立ちやすいだけで人数自体はそう多くもないのかもしれない。
 自分は自分で、フォーリナー自体を未所持で、とりあえずだれでもいいからフォーリナーがひとり欲しい、対バーサーカー周回で雑編成で安心して見ていたいという気持ちからガチャを回したので、性能面に関しては「まぁ自分的にはやってもらいたい仕事はちゃんできてる人だから、別に不満は無いよ」くらいの感覚だった。
 その一方で、実装されてからまだ1年経っていないこのサーヴァントは「実質これは楊貴妃強化だよね」といった状況が何度もあり、運用というとちょっと大げさだけどスキルの使用感や優先順位などに影響を及ぼすくらいには変化はあった。
 だからまぁ、水着アビーのときなんかも「あとから良調整を貰える目もあるから今の段階でムキになって吹き上がらなくてもいいのにさぁ」くらいの気持ちで眺めていた。
 もっとも全てのサーヴァントがそういう恩恵を受けられる保証はないが、そのあたりは実装から時間が経っているサーヴァントもいろいろ強化の機会をくれるFGOは頑張ってるほうだとは自分は思うし、そこは運営に素直な好感や信頼を持っているのだけれど、一方で楊貴妃はそういう恩恵を短い期間で多く受けている幸運なサーヴァントだとも思う。

・やけどコマンドコード
 楊貴妃が実装されたばかりの頃、やけど付与のコマンドコードは1枚だけだった。BにつけるかAにつけるかなどというのも議論の対象になり、それはそれでどちらにもそれぞれの理のある議論で、単純に性能をディスるよりもよほど前向きな議論だったので、自分も迷ったし、議論そのものを気持ちよく眺めていた記憶がある。
 その約一ヶ月後の2月に、別のやけどコマンドコードが実装。
 2枚になってだいぶ安心感が上がる。コマンドコードはイベントでの入手を逃してしまうとなかなか再入手の機会が無いというきわどい要素はあるものの、このあたりになると「楊貴妃のやけど付与は基本的にコマンドコード頼りでよさそうだなぁ」くらいの感覚になってくる。
 スキル3でカウンター的に敵にやけど付与することもできるけど、そのためにはスキル1のターゲット集中を同時に使うことになる(これはこれで強化前は男性限定という縛りもあったのだが)。スキル1は同時効果に毎ターンNP獲得もあるからできるだけ早く使い、2順目の仕様も視野にいれたい、けどもCTと状況の巡りが悪いと「やけど付与もできず、毎ターンNP獲得もできない」というタイミングで3waveに突入してしまうこともしばしばあった。
 やけど付与にあたってスキル3への依存度が高すぎると身動きが難しくなる状況は楊貴妃運用の悩みの種であったけれど、コマンドコードに頼りながらやけど付与を期待できることは、楊貴妃をかなり使いやすくしたと思う。
 そういう状況に拍車をかけるように8月にさらに3枚目のやけどコマンドコードが実装。こうなってくると、やけど付与はほぼコマンドコードの仕事、むしろスキル3のほうが補助的な立場くらいの気持ちになってくる。
 そうなると、実装初期の頃にはスキル3のやけど付与のために、スキル1もターゲット集中目当てでひきずられるように同時使用を求められていた状況から、スキル1が開放されることにもなる。
 実装初期の頃はやけど付与の都合に挟まれてスター即時獲得は埋もれることが多かったものの、いろいろな状況が合わさって、今では「スター即時獲得のためにスキル1を使う」ということも十分に現実的になった。25個獲得(スキルLv10)といえばそれを目的にパーティに組み込むことも考慮していい量だとも思う(その意味ではスキル強化前のLv10で15個というのは決して少なくはないものの、どこか中途半端な印象はあった)。

 いろいろな状況が噛み合って楊貴妃というサーヴァントが使いやすくなっていった、ということも言えるには言えるのだけど、一方でやけどコマンドコードがここまで重要なのは楊貴妃だけ、とも言える。
 次点でジュナオの弱体特攻の補佐になるんだけど、ジュナオは別に「やけど」にはこだわらない。やけどの枚数が多いから結果的にジュナオに回されることはある、程度の理由で、それすらもコマンドコードの貼り剥がしに、オープナーで開いたあとはリソース消費の要素がなくなった今なら「まぁ使うときに貼ったり剥がしたりすればいいじゃない」ということになり、状況としては楊貴妃運用に良い風向きをしている。
 以前は自身の持っているスキル同士でコンボというよりは、むしろがんじがらめになっていた楊貴妃は、やけどコマンドコードが増えていったことにより、実装初期と今とで比較すると随分「動きやすくなった」と思う。
 その一方でやけどコマンドコードが楊貴妃以外のサーヴァントに与える影響のすくなさを思うと「これは実質、楊貴妃強化だよなぁ」と、やけどコマンドコードが増えていくたびに自分などは思っていた。すくなくとも運営がバランス調整のために楊貴妃のことを意識していたのは間違いないと思う。「意識していないと言われるほうがむしろ不自然」なレベルなので。


・キャストリア環境
 楊貴妃の欠点は「やけど特攻が入ってようやく宝具ダメージが並程度」という面も大きかった。
 この根本的な宝具ダメージの低さは、スキルでNPを獲得する手段が豊富なので「NP貯めは楽だから回数を撃つことを考えたほうがいい」ということで自分的には納得していたのだけど、確かに実装初期は「苦労してやけど付与してようやく並程度の宝具ダメージ」というのはそれ自体が喜べる状況とは言えないのは間違いない(このあたり自分は宝具Lvも1だしなぁ…まぁ性能が回転数勝負の方向性なら…という引け目もあったが)。
 そういう楊貴妃も、キャストリアの登場で気楽にアーツバフを受け取って宝具ダメージを上げられるようになった。
 実のところ、楊貴妃運用にあたってWキャストリアは自分はそれほど優先度は高いとは思わない。楊貴妃は本人がNP獲得手段が多いので、そこにさらにWキャストリアは過剰すぎるように思う。
 キャストリアひとりをパーティに組み込むのは悪くない。宝具後NPリチャージで100%にできるとは限らない状況も多いので、足りないNPをちょっと継ぎ足して宝具連射を楽にする、という面でキャストリアがひとり隣にいるのはかなり有効ではあると思うけど、さらにもうひとりを添えるなら術玉藻でCT減を狙うなり、術ギルで星の補充を期待したりと、別の役割を持てるアーツバッファーのほうが状況対応力が高くスムーズに回転すると思う。
 キャストリア環境が楊貴妃に与えた影響はむしろ「アーツバッファーを気楽に借りれるようになった」ことの影響のほうが大きいと思う。キャストリア環境以前は、術玉藻を借りるにしてもスカディやマーリンの影に隠れて思うように借りられないという状況がアーツパ構成において悩みの種ではあったのだけど、現状のキャストリア環境なら、とりあえずキャストリアを借りる前提で、そのあとで自前のアーツバッファーを足して…と、以前に比べると随分気楽に組めるようになった。純粋に自由度が上がったと考えていいレベルだと思う。
 上ではWキャストリアの優先度は高くないとは言いつつも、とにかく安易にWキャストリアでもわりとなんとかなる場合も多い気はするし、そもそも対バーサーカー戦ならキャストリアの殴りにもそれなりにダメージが期待できてしまう。アーツバッファー自体を借りづらいという実装初期の状況からすれば雲泥の差だと思う。


(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング



(↓amazonへのリンクです)

Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女 (3) (角川コミックス・エース)

直感相応のスター獲得をどう活かすか

 もうすぐ恒常星4交換をやってくれるんじゃないかなーということで、ひとまずこの記事はアルトリア槍オルタ(以下槍オルタ)の解説記事としています。

 で、槍オルタは星4交換の候補でもかなり多くの人がオススメに挙げるサーヴァントで、昔のバスター全盛期などは「星4にして金槍最優」とまで言われてたほど。その後スカディ環境やキャストリア環境がやってきたり、他のサーヴァントの強化などもあって良い意味でランサーの選択肢の幅は広がったものの、この人自体が弱体化したわけでもないので依然戦力としての価値は高いと思います。今でも全然オススメできる。

 何が強力かというと、とにかくスキル2が猛烈に強い。スキル1とスキル3はスキル2の下ごしらえとなるような内容なので、いかにスキル2を使っていくかというのが運用の要でしょう。
 ただ、スキル2の内容を見ていくと、スター集中(Lv10で1000%)とクリティカル威力UP(Lv10で50%)はまぁその高い数値をそのまま信頼すればいいと思うんだけど、獲得できるスター自体はLv10で10個、と正直さほど多くない。
 基本的には飽和させる方向で運用することの多い星運用で、正直この数では心もとない…他のサーヴァントを添えて星をもっと供給するというのももちろんありなんだけど、槍オルタ単体でこのスキルを活かすには、わざと自分のカードが場に少ないときに使うのが良い。場にある自分のカードはバスター1枚だけというのが最高の状態。スキルLv10なら星10個が全て自分の1枚のバスターに集まることが期待でき、そうなればクリティカルが確定します。
 「自己完結の範囲」で「礼装の補助も特にない」状態でガツンと10万ダメージがすっとんでいくわけです。槍オルタのスキル2が第二宝具とまで言われる所以です。
(追記:ちょっとダメージをうろ覚えで書いてしまったけど冬木の弓スケルトンにスキル2を当ててみたら4万3000くらいだったのでマーリンひとりぶんのバフ込みで10万弱かな、自己完結で10万はちょっと話を盛りすぎでした)
 もちろんマーリン等で補佐してクリティカルダメージをもっと伸ばす余地もあり、イベ特攻礼装など積んだ場合は高HPの敵のレイドでの運用も視野に入ります(ただまぁ最近はアーツ単体宝具をWキャストリアするほうが手軽かな正直レイドは)。

 カードの引きの運が多い運用をあまり好まない人も多いかもしれません。
 ここで挙げている槍オルタもカード構成はQQABB(ランサー標準の構成)で、QとAの性能はさほど良くない。特にQは2ヒットでわりと悲しい性能。
 スキルを使いたいタイミングではあるが、さほど欲しくもないQまで場に出てきて、せっかくスター集中をしても、少ない星を自分のカード同士で分け合ってしまうようではクリティカル率も下がってしまう。
 こういう場合は素直にそのターンは諦めて、次のターンの引きに期待するか(残り枚数的にBの引きが期待できるならそれも有効)あるいはバクチ的にスキル2を使ってしまい、星を分け合ってしまうことも覚悟でクリティカルが出ることを祈るか…そのときどきで判断するのは槍オルタを使っていくうえでの醍醐味ではあるんですが、実のところバクチでスキル2を使っても極端に困った自体にはなりにくいです。
 槍オルタのカードが場に多すぎて本人のカード同士で星を分け合ってしまう=そこまでカードが多いならブレイブチェインが出せる、ということにもなるからです。
 バフを盛りまくったクリティカルにはもちろん及ばないですがスキル1とスキル3の効果でブレイブチェインでもそれなりに高いダメージは出せるし、レイドなんかはともかく普段のイベントのちょっとHP高めの敵の周回、程度ならボスクラスの敵をほぼ瀕死にすることはできるはず。完全に倒し切るのは次のターンに持ち越す結果になるかもしれませんが、特に自分の編成が有利クラスであるなら大きな問題になることは少ないのではないでしょうか。

 槍オルタの話からはちょっと離れてしまいますが、上で述べてきたようなことは毎ターンスター獲得のようなスキルにも応用できるかと思います。
 クリティカル威力UPと星集中はまた別に用意する必要はありますが、星を必ずしも飽和させる必要は無いというのは今後も実装されそうなクエストレベル90+のようなクリティカル編成を考えていくうえでも重要な要素になっていくかと思います。
 考え方としては、クリティカル威力UPをパーティ全体に撒く方法は比較的手段はあるかな?と思うものの他人にスター集中を投げられるスキル持ちはいまだにかなり希少。槍のブリュンヒルデとケツァルサンタだけなのかな今でも。(追記:ボイジャーも可能)
 自分にスター集中できるスキルがある、マスター礼装に頼る(これもけっこう限定はされてくるが)、あたりを軸に考えると編成が考えやすいのかなぁと思います。
 熱砂とかの礼装に頼る手もあるにはあるんですが、礼装のスター集中は欠点も多く、イベ礼装が載せられない、もうカレスコでも載せて宝具撃つほうが早い。いつでもひとりに星集中してしまうのは都合が悪い場合もある、等いろいろ欠点が気になるんですね。初代様に熱砂持たせて他のアサシンにQとかで星出しさせるとかは結構良いかなぁと思うものの、礼装でのスター集中頼りってのは意外に応用できる幅が広くない気がします。
 あと、自分のカード同士で星を分け合ってしまうのが気になる場合はむしろコマンドコードが有効にはたらくかもしれません。このあたりはサーヴァントごとでかなり事情が変わってくる要素ですが(なまじなBクリよりもAクリでダメージとNP貯めを同時に期待するほうがよく回転するサーヴァントなんかもいるので)。


(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング



(↓amazonへのリンクです)

Fate/Grand Order ランサー/アルトリア・ペンドラゴン 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

星5ランサーアルトリアは星4槍オルタとは全然違う方向性で、ときに重要なイベ周回パーツになるサーヴァントなんで、こっちはこっちでいいよなぁと思います(自分は持ってないんだけど)。

サンタ婦長ができること

 最初に重要なことを書いておくと、サンタ婦長はLv1運用での可能性が高く見込めるので、復刻で6人目以降の入手をしても1枚は処分せずに残しておきたいです。敵バフ剥がし+味方デバフ剥がしをしつつ即時退場を見込めるようになりますので。
 では、はじめてこのイベントに挑む人は宝具Lv4&Lv1運用枠でキープにしておくべきか、というとまぁそこまではしなくてもいいのかなぁとも思います。この話はまた後で。

 で、自分がサンタ婦長をはじめて入手したときは正直「なんかあんまりわかりやすく普段使いするタイプじゃないっぽいなぁ」と思ってしまったのが正直なところ。
 Q全体宝具だけどスカディ周回できるほどNP回収ができるわけではないのもありますし、スキル効果を眺めていると攻撃要素と防御(回復、というべきか)が半々といった内容ですよね。正直FGOっていうゲームは攻撃に振り切ったスキルや宝具の内容のほうが「普段使いはしやすい」と言える傾向はあると思います。
  あらためてサンタ婦長のスキル内容を見ると、競合相手は騎マルタと見るほうが、むしろサンタ婦長の特性がわかりやすいのではないでしょうか。剥がせるバフデバフ対処のエキスパートとして高難易度、レイド適正が長所と見てよく、まず騎マルタ、それに次ぐのがサンタ婦長、といった印象を受けます。
 そのうえでこのふたりの違いを意識して見てみると、わりと細かく特性が分かれています。

剥がせるバフデバフ対処
・騎マルタ
 敵に使用するバフ剥がしは単体が対象。
 味方(全体)に使用するデバフ剥がしとはスキルが分かれている。

・サンタ婦長
 スキル1で剥がせるバフデバフは一体につきひとつ、と制限がある(宝具効果で「敵攻撃強化解除」の能力はある)。ふたつの効果がひとつのスキルにまとまっている。

 騎マルタは味方デバフ剥がしがスキル2、敵バフ剥がしがスキル3で分かれているのは、スキルを使うタイミングを適切に選べるという面で、この能力だけで見ればメリット面が大きい気はする。
 一方でサンタ婦長はスキル1に両方の効果がまとまっているのでLv1運用が見込めることも、これはこれで違う意味でのメリットを生んでいる。逆に騎マルタをLv1運用する利点はスキル内容的にまず無いと言える。
 サンタ婦長の「敵全体のバフ剥がし」っていうのは、実際には単体が対象でもあんまり変わらないことのほうが多いかなっていうのが正直なところ。やはりこの手のスキルの相手は強敵がひとり、ってことが多いと思うので。
 あとまぁギフト式で敵のバフは解除不能になってることが圧倒的に多いとは言える(逆に剥がせる防御バフなんかは剥がす対処しないと勝たせてくれないよって状況も多かったりはするが)。

攻撃、あるいは攻撃サポート
・騎マルタ
 スキルと宝具に防御ダウンがある。
 カードはA3枚というライダーにしては変わり種(Aの枚数の多さはサポート向きとは言える)。A枚数の恩恵で初期実装サーヴァントにしては宝具は撃ちやすいほうか。
 星出し性能はほぼ皆無。
 ライダーなのでサポーターのマルタに星が集まってしまうのは欠点。

・サンタ婦長
 スキルで攻撃力UP、クリティカル威力UPを味方全体に撒きつつ宝具威力UPを味方に投げることができる。
 宝具とQで星出しがある程度可能(ではあるがスキルに星出し要素がないのでどうしても不安定感はある)。
 攻撃補助手段は多いが、一芸に秀でるよりはまんべんなく効果を持っている傾向。
 本人の宝具の撃ちやすさは個人的には並程度という印象。カード性能は悪くないのだが宝具を撃つことを期待したいなら結局NP礼装を持たせるか、よほどサンタ婦長のカードを積極的に切っていくかの必要はあるように思う。
 クラスがアーチャーなのはやはり星がサンタ婦長本人に集まりやすい傾向はあるが、騎マルタよりはデメリットが強くない。

 メリットにしてもデメリットにしても両者でずいぶん違う方向を向いているように思う。トータルで見ればサンタ婦長のほうが優れている面が多い。
 とはいえ、もともとふたりのクラスが違うのだから、敵がキャスターであれば騎マルタ、敵がセイバーならサンタ婦長を採用するという単純な状況判断の要素も大きいとも思う。ただしこれもLv1運用のことまで考えるならサンタ婦長のほうが採用しやすいとはいえる。
 あと地味にサンタ婦長はアルターエゴに防御有利を取れるのは大きいと思う。ンン~~~ご存じない?ひょっとしてかつめしのことをご存じない?

 さらに冒頭でちょっと触れた「今回のイベントに初挑戦の人は宝具Lv4+LV1運用枠に留めるべきか」という話ですが、個人的にはサンタ婦長はサブアタッカー適正はそれなりにあるとはえ、NP礼装持って宝具撃つよりはサポーターとして欠片持ったほうがいいかなぁというのが個人的な手触りです(ちょっとこのあたりは感覚的にそう思うだけで理由をうまく語れないけど)。
 そんなわけでサンタ婦長が宝具を撃つことは自分はそれほどには重く見てないので正直どちらでもよいと思うし、まぁ配布サーヴァントが宝具Lv4なのもなんか居心地が悪いので素直に宝具Lv5にしちゃっていいんじゃないかと思う。それとは別の話として、復刻として6人目以降を入手できる人は一枚残しておきたいってのも思うのですが。

 もちろんイベント中で高いイベ特攻があるうちはメインアタッカーをやっても全然いいと思います。イベ礼装もNP礼装なので宝具も撃ちやすいし。


(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング


(↓amazonへのリンクです)

オタフクソース かつめしのたれ 1150g

ボックスガチャ関連の記事を一冊にまとめました

 電子書籍(PDFファイル)としてBOOTHで販売しております。よろしくお願いします。

 自分としてはようやくここまでこぎつけたという気持ちです。以前から一冊の本にまとめることは考えていたのですが、なにぶんPDFの作成自体が初挑戦。ツールを探すところからはじめてづくしで結構手間はかかりました。まぁあくまでこのブログのボックスガチャ関連の記事をまとめたということで、新規に描き下ろした記事とは序文とかあとがきとか程度なんですが、投げ銭感覚でも購入していただけると嬉しかったりします。
 表紙イラストはかっとらさんに描いていただきました。ありがとうございます。

 今後もブログは続けていきたいし、できれば今回のように電子書籍のかたちにまとめることもやっていきたいのですが、やはり次に出すのはネタの蓄積も含めて時間はかかるかなぁ正直。
 わりと悩みのタネであったのは、キャストリアの実装でサーヴァント運用関係の記事が内容的に古くなってしまったことですね。書き直すにしてもまだ実戦を伴っていないだろう気持ちもあったし、結局今回はボックスガチャ関連の記事だけを掲載するということで、サーヴァント運用や編成だったりの記事は今回の本には採用しませんでした。
 それでも、このブログのいちばん独自性の高い要素を抽出できたと思います。正直自分ですらちょっと読んでて胸焼けがするというか。
 ともあれ、ブログともども応援していただけると嬉しいです。

(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング

雑編成!倒れゆく織田家の血脈!

 フリクエ90+の屯所ですが、自分はこんな感じの編成で周回してます。3ターンとかでは全然無いのですが。
 基本的には鈴鹿御前にイベ特攻礼装を載せて全部お任せしちゃう感じです。礼装はまだ凸できてないんですが正直そんなに困る自体にはならないです(凸してないよりはしてたほうが良いけど)。そして後続のカッツ(不利クラス)やバーサーカー3人に、次々と死んでもらいながら星を補給してもらう流れです。
 ガチャ産星4礼装を使っています(2枚ともに未凸)。登場時スター10個(凸12個)を持ってくるのをトコロテン式の流れになるようにを意識しています。ガチャ産星4礼装が全然無いとちょっと流れが悪くなりそうな気がするので、そのときは茶々の枠に剣スロなんか入れられると良いでしょうか。
 わりとコストが余っている状態で周回しています。復興素材と絆のボーナスを意識してのことですが、復興素材はひととおり復興が終わってしまうとあとはイベント終了後にQPにするしかなさそうなので、実のところあまり意識しなくてもいいかもしれません。結局のところはイベ中の絆ボーナスをどう見るかでしょうか。
 マスター礼装はアトラス院を使用。運が悪くて鈴鹿のHPが減ってきたときに保険的に無敵を使えると安心です(とはいえ大抵は必要無いのでマスター礼装はほぼフリー状態)。攻撃力UPの要素は無くてもいいかなと思います。
 フレのサポートもフリーです。卑弥呼ならルーラーなので死ににくいし、一ちゃんもクラス有利、なんならもうひとりカッツを入れる編成でも十分な気はします。


・1wave

 まず最初にカッツはスキル2、茶々はスキル2のみ使用。
 金ノッブを優先して素殴り(クリティカル殴り)で倒す。金ノッブは強化解除を使ってくるので鈴鹿のスキル3使用はちょっと注意したほうが良いです。とはいえ鈴鹿スキル3は1waveのうちに使いたいので、金ノッブを倒せる見込みのあるターンに使用するのが良いです。
 運が悪いと不利クラスのカッツは1waveで死にますがそれはそれ。茶々も同様です。
 あと、鈴鹿は3waveで宝具を撃ちたいのでNPを貯めることをちょっと意識したいです。とはいえイベ特攻礼装がNP+30(凸+50)でスタートできるし、鈴鹿スキル3の毎ターンNP獲得もあるし、星がそこそこあるのでAクリティカルも期待できる。1stBで敵を倒すことを優先したりとかやってても鈴鹿のAさえちゃんと切ればNPは過剰なくらいだと思います。

・2wave

 実は3waveより警戒を要するドラゴン、鈴鹿スキル2を使用(魅了は入らないけど地味に攻撃力ダウンがここではすごく役立つ)、可能ならカッツのスキル1とスキル3を使用。できれば茶々もスキル3を使用。デバフを徹底的に使うとさすがに安心の度合いが変わってきます。
 鈴鹿のカードへの星の集まりかたを見つつクリティカル殴り。なんならスキル1を使ってもいいです。
(鈴鹿スキル1を使ったターンでドラゴンを倒せるなら3waveで宝具を撃つときもスキル1の効果は継続しているし、なんなら3waveは多少ぐだっても良い)
 2waveのドラゴンでもたもたしてしまうと鈴鹿のHPが意外に減ってきたりするので、とくに2waveは(鈴鹿の宝具だけは温存しつつ)素早く超えることを意識したいです。後続はいくら死んでもかまわないので。


・3wave

 鈴鹿宝具+追撃殴り。鈴鹿のカードが十分に無いとエレちゃんのHPは多少残りますが、次のターンでほぼ処理できる状態になるはずです。3waveで鈴鹿宝具を撃つところまでこぎつければ全滅するようなことはないと思います
 実のところ、それなりにカードや星の周りが良いと意外に味方も死ななかったりするのですが、ドラゴンの全体攻撃で後続バーサーカーがどんどん死んでいきつつ、どんどん星が供給される流れになるのも独特の快感があります。
 多少注意したいのは森くんのスキル3の使用タイミング。当然スキル3の効果そのものは期待したいところ(死亡時にスターを置いていく)ですが、

森くんスキル3を使用したターンは森くんにスター集中が発生する。
 ↓
鈴鹿に集まっていた星を取り上げてしまうことがある。

という流れも発生しかねないので、できれば森くんのスキル3使用は鈴鹿のカードがすくないタイミングでねじこむように使用したい。逆にいえば鈴鹿のカードに星が集まっているなら素直にそれを切っておけばドラゴンでもエレちゃんでも大ダメージは必至なので、攻撃を優先するという動きでいいでしょう。

 というかこの編成、アタッカーも鈴鹿御前に限らず別に青王とかでも全然いけそうな気がしますね…まぁ星さえ供給してもらえばNP貯めやクリ威力UPは自前で用意できる鈴鹿は向いているとは思いますが(一応鈴鹿本人も宝具後に星生みするのはある程度期待できる)。
 そういえばコマンドコード、鈴鹿のみB2枚に竜特攻関係、A2枚にスター集中などを貼っています。やはり2waveの警戒ということと、カッツと鈴鹿で星を分け合ってしまうのが嫌なので鈴鹿のAにはちょっとスター集中を。なくてもなんとかなりそうではありますが。


(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング


(↓amazonへのリンクです)

フェイト/エクストラ CCC FoxTail (8) (角川コミックス・エース)

今のうち!カッツ大暴れ!

・カッツで殴るなら今のうち
 カッツは正直、運用方法という意味ではそんなにあれこれ考える要素は無いのかなぁと思います。信長(エネミーのノッブとの差別化のためにこの記事では「信長」表記にします)もアーチャー、バーサーカー、アヴァンジャーといるのでそれぞれ組んだ時に若干動きかたは変わるかもしれないけど、スキル2で毎ターンスター獲得しながら信長に星を渡すという立ち位置は基本的に変わらないはず。
 スキル1とスキル3は効果がどちらかというと消極的で、宝具も信長と組んだときに大きく効果が出るものなので、信長系サーヴァント以外と組ませる理由はあまり無いように思います。
 まぁそれらの基本的なことを念頭に置きつつも、カッツは星1なので基本カッツのカードを積極的に切っていくことはしない、という感じになるかと思います。スキルで貢献するパターンですね。ただしイベント中に関してはちょっと話は別。サーヴァント自体がイベ特攻をもらっているうえに攻撃力UP礼装もある。星1とはいえなかなかの火力がある状態です。長い目でみたときにはカッツのカードを切っていくことは積極的にはしないかもしれないけど、今のイベントの最中なら殴りに参加するチャンスともいえる。モーションを見ておきたいと思うなら今のうちに積極的に使っておきたいところです。まぁそれでも信長系サーヴァントをメインアタッカーに据えたうえで、ということにはなると思いますが、そこはそういうキャラだとわりきったほうがいい。設定的にもそのほうが本人も喜びそうだし。

・禁断のWカッツ
 いやまぁ禁断のってちょっと勢いで言っただけですが、毎ターンスター獲得もクリティカル威力UPも重複させればより強い効果。Wカッツで信長を支えることができればかなり強力。スキル2をWカッツで交互に使いながら信長のカードを選んでいくという継戦能力を高めるパターンが有効でしょう。つかこんなに有能でいいんかいって状態になる。大丈夫?今後他の織田家家臣を実装するときに困らん?
 問題は星1のカッツをわざわざサポートに出す人がいるのか、という点になるけど、そこは実際のところはそれぞれのプレイヤーのフレ次第、としか言えないけど、イベント中はカッツは資材ボーナスを3種もらえるので「とりあえず借りる」という意味ではなかなか悪くない選択肢なので自分はとりあえず弓枠に置いてるし、借りれるときに借りています(なんならサブメンバー配置でいいし)。
 まぁ多くの人は結局は術枠しか見ないし~とかそういうオチにもなりそうな気がするけど、イベントの最中とイベント終了後だったら絶対今のほうが借りれる確率は高いと思うので、これもやるなら今のうちっていう気がしますね。
 まぁなんのかんので今後もぐだイベやっていくなら(自分もそのほうが嬉しい)イベントのたびに特攻ボーナスもらえる可能性もあるんですよね。茶々なんか、ぐだイベで特攻もらうと周回レベルでは無法の強さだったりしますしねぇ。だいたい雑に茶々が倒すって展開がわりとできるので。

・カッツは限定なのか?
 フレポ召喚が限定っていうはじめての試みで、カッツはイベントのインフォメーションにも(意図的としか思えないレベルで)存在を表記されていない。これはまぁ本来英雄として召喚されるような存在じゃないってことでアンリマユと同じ扱いにしているのかなと思うんですが、表記が無いせいで「カッツがフレポガチャから出るのが恒常なのか期間限定なのかわからない」という困った点も。
(追記:イベントシナリオ終了後に限定であることが発表されました)
 あくまで楽観的に考えるなら「イベ限定経験値礼装が出るって意味であって、カッツは恒常ですよ」という解釈もできなくもないですが…自分はいくつか理由を考えると「期間限定排出だろうなぁ」という気がしています。

・星3イベ礼装は今までも期間限定的にフレポガチャから排出されていたので、星4&星3経験値礼装が排出されるからという理由だけで「期間限定フレポガチャ」とわざわざ今回表記を変えているのにはやや大げさな印象を受ける。

・イベント進行の報酬としてフレポがけっこう貰える、いつもよりかなり多い印象がある。

・カッツのマテリアルの最後は絆5以外に今回のイベントクリアも条件となっている(配布サーヴァントの条件に近い)。

 このあたりが自分の考える理由です。
 イベント期間中にフレポガチャとはいえ宝具5にするのに5枚いるのって結構厳しくない…という気持ちもなくもないですが、配布サーヴァントという条件で見れば今までも入手条件はイベント中にわりとやることが多くて忙しい。イベ終了後は手に入らないということも似た条件。
 イベントで入手できるフレポの量でも入手のしやすさは変わりますが、ここは今はまだボックスガチャが終わった直後なんで、むしろポイントは多めに持っている人が多いはず。
 イベントが終わってみたら恒常でした、という結果であっても「ああ無理に慌てる必要も無かったのね」というだけの話で、フレポをいつもより多めに使ったこと自体はそれほど深刻な事態でも無いだろうとは思いますが、イベント終了後になってから排出されないから宝具Lvが上げられないよ~っていう事態になりかねないのは、さすがに警戒しておいたほうがいい。とりあえずイベント中に5枚出しておくのはやっておきたいところです。

(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング


(↓amazonへのリンクです)

ぷちりっつ Fate/Grand Order セイバー/沖田総司 色分け済みプラモデル


Fate/Grand Order アルターエゴ/沖田総司〔オルタ〕-絶剱・無穹三段- 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

とあるハントクエの一日

 今日の記事は攻略情報って意味ではまとまってないし試行回数が少なすぎて間違ってる可能性もあるんですが、ハントクエのとある一日、という意味では予想以上に刺激を受ける機会が多かったんで、そういった事柄を書いていきたいと思います。日記とかコラムとかの感覚で読んでほしいです(わりといつもそうではあるんだけど)。

・典位+級にこだわる必要は無い

「死ななきゃいいの編成ならどうとでもなるんだけど、あんまりスマートな周回はできてないなぁ、どうしようかなぁ(と考えているようで頭はカラッポ)」みたいなことを思っているうちにリプでうぃうぃさんが的確なアドバイスをくれました。
 髄液目的なら典位+級にこだわらずとも普通の典位級でいい。
 ドロップ率は難易度高いクエストのほうがきっと高いんだろう、というのはあんまり調べもしてない自分の思い込みで、ここでやはり効率劇場さんを見てみると、実は素材のドロップ率は典位+級と典位級で大きな違いはない(報告件数に差がありすぎるという問題はあるが)。
 で、普通の典位級ならWキャストリアに騎ダヴィンチとか水着武蔵ちゃんとかでシステム周回できるわけです。宝具Lvとかそんなに高くなくても同じターンの追撃だけで収まりそう(見ててもそんなにシビアな感じは無かった)。
 水着武蔵ちゃんとか一応は礼装に毒蛇一芸(3ターンアーツ40%UP)を載せて他は絆UP礼装、とかで大丈夫だし、騎ダヴィンチなら未凸カレスコあたりからスタートして足りないぶんをキャストリアから適時投げてもらう、でも全然余裕がある状態(くどいようだが普通の典位級ね)。

(追記:騎ダヴィンチ+Wキャストリアなら自由に礼装6積みでマスター礼装の制限無しでいけますね)

 んじゃあ典位+級と典位級の報酬の差は何なの?ってなると、どうも種火の量がちょっと多い。スキル石のドロップ率が典位+級のほうが良い(これも目に見えて違うというほどの差は無い)といったあたり。
 これがボックスガチャの終了直後という意味では極めて都合が悪い。種火は所持枠もプレゼントボックスもパンパンで星4種火のドロップなんかはQP変換設定しとかないとやってらんねーって状態。
(所持枠以上の種火を一時的に持つことはできるが枠を越えた状態だと出撃できなくなる)
 スキル石は「ボックスガチャイベントを一生懸命やる」という体験を数回こなせば、そのうち余り出す。
(他の素材が不足でスキル育成が止まる傾向のほうが強く、結果的にスキル石が消費できないという状態になる)
 元々今回の典位+もそんなにボロボロ髄液が落ちるってほどでもないんですよね。1個落ちてくれることは結構多いかな~という感じで恒常フリクエよりはドロップ率は結構いいのですが、それくらいの手応えっていう意味でやはり典位+級と典位級の差はほとんど感じられない。
 最高難易度のほうが素材のドロップ率が良いだろうっていうのは、まず思い込みの要素が強く「そもそも考えてなかったので試してもなかった」というのが自分の実際のところだなぁ。うぃうぃさんのリプにあらためて感謝です。


・あえて典位+級に挑みたい
 それでも、山があったらそこに登りたいのか、せっかくなので最高難易度のクエストを突き詰めたい、という気持ちが生まれる人もいるかもしれません。
 髄液は要求するサーヴァントがけっこう多い(たちが悪いことに数も骨並みの量を要求されたりする)ので、昨日一昨日に比べるとツイッターでの編成例も盛り上がっていた印象があります。

 自分的にはこの編成なら、まぁそれなりに良いかなぁという感じです。確定ではないですが3ターン。Wスカディのオダチェン有りです。
 基本的な考えかたとして、スカディひとりぶんのバフデバフを騎ん時に、もうひとりぶんを騎シュタルに、という感じです。

・騎ん時(黒聖杯)
・騎シュタル(NP+50スタート、Qアップや宝具威力UPもあれば嬉しい)
・自前スカディ(開始時に星20獲得であれば何でも)

・1wave
 星20を期待して素殴り。スカディのカードが多すぎる、星がバラけすぎな場合は素直に3ターンを諦めて敵をガンド(マスター礼装)で足止めして殴りましょう。星はライダーに集まりやすいし、星が集まっているカードを選べばそんなにシビアではないと思います。
 スカディのカードが多いけど騎ん時のQもあって星が集まってる、なんて時にふたりのスキルがQアップが3ターン持続なので1waveからバフを盛って無理やり超える…なんてこともできなくもないですが、その後で誰にどこまでバフを投げたか混乱しやすくなるので無理に3ターンにこだわらないほうがいいと思います。
 騎シュタルのカードに星が集まっているときはラッキーパターンです。騎シュタルはスキル2とスキル3にクリティカル威力UPがあるんで良い感じの殴りを見せてくれると思います。スキル3のスタン対策にコマンドコードを貼っておきましょう。

・2wave
 騎シュタルにスカディのスキル1、2、3を使用。マスター礼装で攻撃力UPをかける、騎シュタル宝具。
 レアエネミー(ノッブ)が出てきたときにはノッブ殴る→宝具→追撃という感じでターゲットを分散したほうがいいかも。このあたりちょっと試行回数少なくてあんまりはっきりしてません(すみません)。

・3wave
 オダチェンで自前スカディとフレスカディを入れ替え。騎ん時にスカディスキル1,2,3を使用。騎ん時はスキル1、2を使用。騎ん時宝具。
 自分は黒聖杯が凸できてないんで追撃でちょっと殴る必要があります。凸黒聖杯ならわりと余裕を持ってので倒せるので、その場合はスカディスキル2は2waveで全部使ってしまうほうがいいのかも。

 この編成のいいところは、やることがシンプルなのでバフデバフの盛りかたを間違えにくい、各waveで誰が担当というのが結構きちっと分かれているので「ミスってモタモタすることになっても問題が起きにくい」というあたり。
 いっぽう悪い要素として、最近の傾向としてWスカディがやりづらい点でしょうか。フレの聖伐を厳しめにする人ほど術枠がキャストリア一色だと思われます(ボックスガチャの直後なのでよけいその傾向は強い…)全枠にスカディを出している人もそこそこ見る印象もありますが、このあたりはそれぞれのプレイヤーのフレによる、としか言いようが無いですよねぇ。
 まぁあと確定3ターンじゃないというもありますね。


 違う編成を見てみると、ツイッターの編成で見て関心したのはこのかたの編成。

 イベ礼装メイン(しかもLv100にするといろいろな状況で活躍しやすい礼装)で、かつアタッカーに配布の龍馬を採用してるなど敷居がかなり低い。ドレイクも2waveアタッカーを担当しながら星供給も担当しているというのが無駄のない編成です。
 ただ動画を見ているとドレイクの宝具3でちょっと2waveの敵HPが残ってしまって追撃込みなんですよね…同じように宝具3以上を用意できれば全然安定しそうな範囲ですが、自分なんかはドレイクの宝具が1なんでちょっとそのまま真似するとダメージ足りない予感がする…。
 とはいえ、敷居を低い編成にしたうえで構成の完成度は高くわりと自分は素直に「おおこれは良い編成だなぁ」と関心してました。こういう編成例っていうのは見ていて刺激になりますね。

・活発な議論の雰囲気がある良い配信
 あと、昨日FGOガチャ研究所さんがミラティブで周回配信をしていたので自分もお邪魔しに行ったのですが、やはり界隈で結構有名な人なこともあってか集まっている他の視聴者のかたも具体例をいろいろ挙げててちょっとしたノウハウ交換場のような状態で、その場にいるだけでかなり刺激を受けました。
「たぶん、そこそこ宝具Lvあるダヴィンチちゃんがいちばん楽だと思う」
「ダヴィンチちゃんは宝具2で999(←スキルLvのことだと思う)だと無理だった」
といった感じの発言が会話だったりチャットだったりでポンポン出てくる状態で、配信者のガチャ研さんも、自分の手持ちで編成を突き詰めていくというより、あれはどうだ、これはどうだといった感じで、もう完成といっていいだろう編成なんかもあえて崩しながらプレイされていました。
 視聴者として眺めているだけでかなり刺激を受けましたねぇ自分も。

 まぁミラティブっていう場だけを見ると、低年齢層が多い場(揶揄の意味ではなくてリアルの意味で低年齢層が多く、親に無断で課金とかで話題にあがってしまうこともある)ではあるんでちょいちょいとFGOの配信を探して入ってみるだけで、そういう体験ができるのかというと正直そうでもないのが現実だし、そのあたりYouTubeの生配信とどっちが環境がいいのかっていうのは自分もちゃんと把握はしてないのですが、強いていえば、

・PC経由などでYouTube配信するほうが、機材の準備など手間がかかる要素が多いが、そのぶん視聴者の年齢層に比較的高めを望みやすいかもしれない(でもまぁスマホから直でYouTube見るのも普通だしそれも机上論かも)。

・ミラティブはアプリをインストールして、ゲームと同時に起動するような状態でそのまま配信ができるので、超がつくレベルでお手軽かつ機材の準備が必要ない(はじめるのに手間も金がかからない)。そのぶん学生さんとかが多い気がするし、さらに言えば小学生中学生を入れたくないなんて場合にも避けたほうが良いかもしれない(発言内容にそういう意識が入るのはある。NGワードなんかも厳し目であるが)。

 方法によってそれぞれ長所短所は異なりますが、個人的にはもっとミラティブを使って気楽に配信していいんじゃないかと思う。圧倒的に前準備が楽だし、YouTubeで配信ってなるとそこまで気楽な気分になれないかもしれない(いや気楽でもいいんだけど)。
 芸人みたく四六時中しゃべる必要があるわけじゃないし、むしろ無言配信の人がかなり多くて自分もそうだったりします。あとこれは個人的な感覚かもしれませんが、別にスーパープレイを見せなきゃいけない必要も無いんですね。視聴者はゲームセンターで他の人のプレイを後ろから見ているという感じです。格ゲーでいう「ベガ立ちギャラリー」ですね。
 単純に第三者のプレイを見るというのはあらたな気づきのきっかけになるし、そこはトータルでは上手ではないかもしれないプレイでも「おっ今の動きは良かったな」とか関心したりすることは結構よくあります(まぁそういう楽しみかたをするならアクション要素の強いゲームのほうが配信向きではありますが)。それなりに真面目にゲームに取り組んでいる同士が互いのプレイを見せ合うってのはやっぱ面白いと思うんですよね。

 なんかかんやと自分的にはいろいろあって、とあるハントクエの一日、という状況にしては昨日はえらく楽しく充実した時間を過ごすことができました。ゲームというのはおもしろい、というシンプルな気持ちをあらためて感じさせられたりします。

(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング

素材がいまいちな日には

 2日目の勲章はごえモンさんの編成がいいかな~。低レアオンリー!?と見えて実はWキャストリアだったりしますが、まぁ自分もWキャストリアは安易に採用するのでそこは人のことは言えません。
 1waveでシェイクスピアのNPはエウリュアレに投げて、アーラシュのNPはオダチェンしたキャストリアのスキル1でNPをもらってステラするのがポイント。記事のリンクにスキル使う順番が書いてあるからそこも読んだほうがいいですね(地味だがありがたい要素、ツイッターの編成オンリー動画オンリーだとそういうあたりの読み解きに一手間かかることが多いので)。
 単純に、3waveに38万の敵が控えていて、1wave2waveも10万とかの敵なんでキツめのクエストだとは思う。編成の選択肢はそれほど多くない。自分もアーラシュ・クロ・エウリュアレ・キャストリアとかで数回試したけど倒しそこねてモタモタしちゃうことがちょくちょくあって、正直自分で考えるのは上手くはいかなかったなぁ。

 その一方で、勲章のドロップ率が0~2個程度といった感じで、あ~まぁ恒常フリクエよりはちょっといいかもね、程度の感じなんだよなぁ。しかも今の手持ちサーヴァントがとくに勲章を求めてない。
 こういうときに見ておきたいのは素材要求一覧かなぁ。Gamewithさんのが見やすいかなぁと思う。こういうリストを見て、今は持ってないサーヴァントでも将来的に来てくれたときにスムーズにスキルを上げられるように事前準備しておく。
 とはいえ、全てのサーヴァントでそれをするのは非現実的なので、来てくれたら嬉しいなぁ~というサーヴァントを意識しておいて、その範囲でも十分かと思います。今の時期は、毎年恒例になっている星4配布とかも近いかなと思うしね。

 まぁいろいろな情報を参照したうえで、そんなにボロボロ落ちるってわけでもないし今すぐ必要でもない、ということならスルーしちゃうのもありかと思う。素材の必要不必要なんてプレイヤー毎で全然事情は違うだろうし。
 どうせ1日だけなので朝6時にちょうどAPを使い果たすような状態にしておけば、今日の夕方6時にクエストが更新される頃にAPがほぼ全快するので、それで欲しい素材だったらラッキー、なんて期待をするのもありですね。昨日今日と見てもやっぱり恒常フリクエよりはドロップ率が良いんで、欲しい素材だったらそっちに注力したほうがいい。ボックスから取り出した銅林檎も余ってるかもしれないけど(自分はイベント中に全部開けてかじりきったのですが)。
 APの回復時間と量を表にしておくと便利なので、そういうのを部屋に置いておくのもいいかなぁと思います。

(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング