月別アーカイブ: 2020年7月

今でも敵が強く感じるCCCコラボ

 今回は単に昔話というか、自分の体験談です。

 で、まぁ都合3回目のCCCコラボですが、タイトルにも書いた通り、自分はなんか、今の目で見ても結構敵が強いなぁ、と思っちゃうんですよね。その一方で、最初のCCCコラボのときって、自分はFGOはじめて4~5ヶ月程度だったから、戦力とかも全然で、ほんと相当苦労した。テスラとかクレオパトラが20万の2ゲージで3ターンで宝具撃ってくるとかもうコンティニューするしかねぇじゃんって感じだった。
 でもまぁそれは、今見ても20万2ゲージで3ターンで宝具撃ってくるとかだと「WマーリンとかWスカディでなんとかはできるけど、それが無かった頃はどうやってたんだろうなぁ」とか正直過去の自分がちょっと気の毒になってくる。マーリンはともかくスカディは実装されてなかったしね最初のCCCコラボの頃は。
 当時はまだ、課金するか無課金でいくかみたいなのを自分のなかでまだ決めかねていて、この頃ってのは「やっぱ課金しないとダメかなぁ」みたいなことは自分も思ってはいた。今思い返せばFGOってはじめて半年間くらいは辛い時期がひたすら続くし(ストーリー的にどうとかは置いといてゲーム的には厳しいはず)その期間を自分が無課金で耐えることができたというのは、正直偶然そうなっただけという面もある。
 単純にいえば、ガツンと課金したくなるほど一目惚れしてしまうサーヴァントに出会えなかったというのはあるし、そういうところで熱くなるには単に年を取りすぎてしまったのかもしれない。一度課金すればあとは際限なく投入していくだけになる、っていうのは他のゲームで体験済みだったし。

 でもまぁやっぱ、当時の自分でも明白だったのは、FGOをはじめて半年頃までってくらいは当然なんだけど、育成自体が全然やること多かったんで、ここでガチャで当たり引いても、じゃあそのあと石をかじって種火周回するの?みたいなそのときの状況が心理的にブレーキをかけていた。結局種火周回を卒業できたのってボックスガチャ2回目か3回目ぐらいだった気がするしなぁ。

 最初のCCCコラボの当時、戦力も全然揃ってないときにどうやっていろいろ超えたのかっていうと、もちろん強い敵にコンティニューは前提でってのはあるんだけど、それと同時に覚えているのが、例えば今回無いけどイーターXを20体倒せってあったじゃん?で、イーターXがいちばん出やすいクエストはボスがケツ姉(騎)なんで、そのクエストはじめる前にひたすらフレからジャックちゃん借りれるまでフレリストのリセットとかですね。
 わりとこういう身も蓋もないけどめんどくさい行動を実際に取れるかどうかみたいなのがその後の無課金プレイにつながったような気がする。冬木の骨拾いとかも本質的には同じ気がするなぁ。わりとこう「ゲームを楽しむという観点で見るとそれはもう無理してるよね?」っていうような単調作業みたいなところに踏み込めるかどうかっていう。
 わりとここでつまづいちゃう人って多い気がする。でもこれはテクニック云々で言えば誰でも「やれるはず」のことでもある。ここに関してはゲームプレイの上手下手って関係ないわけで。

 まぁその一方で、昔の自分に対して、はじめたばかりで戦力が全然揃ってないのは仕方がないし、そこで自信を無くす必要は無いよ、みたいなことは言いに行きたい気持ちもある。
 ツイッターとか見てるとなんか他のFGOプレイヤーはあんまり苦労してるようには見えないんだよね。だから自分だけ下手で自分だけ苦労してるように思ったりはしてた。
 今の自分をそのまま隣に立たせてば「Wマーリンすれば余裕だが?」とか言うことも出来ちゃうけど(実際それに近い煽りは言われたりはした)やっぱまぁそこは「Wマーリンとかしていかないと辛いよなぁ」という気持ちのほうが今でも自分の本音だし。その一方で、気持ちが全く逆のようでいても実際のプレイ内容は傍から見たら同じなんだろうなぁとも思う。
 まぁなんというか、真面目にやってるゲームくらいは上手にやっているように見せたいという気持ちは自分だって無いわけではないんだけど、一方でそのゲームを語るのに、上手であることが絶対条件では無いよなっていう風にも思っていたりする。
 こういう感じでやったらこういう苦労をしました、っていうのはプレイ自体には至らないところもあるかもしれないけど、それは立派な体験談として価値があるし、虚栄でゲームを上手に見せるっていうのもなんだか虚しい話だ。そこは下手でもいいじゃないって割とマジで思ってるし、そういう自分みたいな人間が、分類としては攻略ブログなんてものを書いている。
 でもまぁイベントがちゃんと完走できればそれで攻略完了だしね。いいじゃないそれで。

(amazonへのリンクです↓)

Fate/EXTRA CCC VOID LOG:BLOOM ECHO I【書籍】

冬木のどこで骨を拾おうか

橋と森で存外、もらえる絆の差は大きい。


 骨は結局冬木を周回するしかない。そうするしかないのだが、こと冬木の周回はFGOのプレイのなかでも作業的な要素が強い。敵が強すぎるのも問題だが冬木のようにあまりに敵が弱いというのもイコール楽しいプレイとはいかないようだ。
 ともあれ、ある程度のパーティで挑めば死ぬのもかえって難しいクエストをどう周回するかと考えると、やはり「ながら」で周回をするのが一番良いような気がする。
 テレビを見ながら、とか、PCでネット巡回しながら、とか。
 そのうえで、冬木のどのクエストを周回するか、ということを考えると、基本的には二ヶ所に絞られるだろうと思う。

 橋、
 それと森(AP15のところ)、

 それぞれに利点があるように思う。
 個人的にはAP15の森を周回するほうが良いかな、という気持ちはある。絆稼ぎもある程度見込めるからだ。橋のほうは貰える絆の基本値が少なすぎるので、ランチやフレンドのTTが意味をなさなくなってしまう。せいぜい自分とフレの英霊肖像(絆+50)を並べて絆100を入手するのが限界か。
 森の周回ならランチやフレTTも意味が出てくるくらいの絆が入手できる。
 もうひとつの長所は、AP換算という要素を無視して、単純にクエスト一周でのドロップ具合を見ると、森のほうが優れている。橋と五十歩百歩とはいえ、こちらのほうが精神衛生的にはややまし、ということは言えると思う。
 APの消化という面で多く消費するぶん作業的な周回が早く終わるというのも見逃せない。APが現在90あるとしたら、橋の周回は22周、森なら6周で終わる。

 こうして考えると、森のほうが良いことばかりのようにも見えてくるが、ここで最初に挙げた「ながら周回」のことを考えると、必ずしも橋のほうが劣るとも言えない面もある。
 ながら周回なら、そもそも早くAPを使いきって終了することを急ぐ必要はない。どうせゲームの画面は合間にチラ見しながらポチポチするだけなのだから。1時間もテレビを見てれば橋の周回でもAPは使いきれる気がする。逆に森の周回では早く終わりすぎるように感じるかもしれない。
 それに、橋の周回で質より量の周回ならば、旅のはじまり(フレポ+75)でフレポをより稼せるという長所もある。

 周回のパーティも、橋と森では変わってくると思う。
 橋は基本的にバーサーカーを並べて素殴りしていくようなパーティになると思う。まぁバーサーカーでなくても攻撃不利にさえならなかったら星4以上の騎術殺やエクストラクラスでも全然いい気がするけど、このパーティは処理が早い反面、連続して同じサーヴァントのカードを選ばないようにポチポチしていく必要がある。ミスをしても死ぬようなことはないだろうけど。
 森の周回をするなら素殴りだけでサクサク進むかというと、ちょっと難しくなる。とはいえ全体宝具で等倍のダメージが出せれば十分な程度で、種火周回と比べても選べるサーヴァントの範囲は広い。カレスコや凸虚数魔術のいくつは欲しいところだけど、そこさえなんとかなるなら星3を見渡しても候補は割と見つかると思う。
 全体宝具で森を周回するのは、ポチ数でいえば橋の素殴りよりも多くなってしまうが、宝具のあとに選ぶカードを特に意識しなくてもいいという利点もある。せいぜいExが出ないように気をつけたいくらいで、出てしまっても当然まずい事態になるようなことはない。

 どちらが良いとか悪いとか言うよりは、自分がどちらが向いているかという各プレイヤーとの相性もあるし、もちろん使い分けてもいいと思う。
 あとは自分はやはりブログでFGOの記事を書くようになって、冬木を実験場のように使うことも多くなった。そういう使い方ができるとゲームの楽しみも広がって良いのではないかと思う。知っているようで知らないことって意外と多いようなぁと思わされたりする。

(amazonへのリンクです↓)

氷室行進曲 冬木GameOver: 1 (4コマKINGSぱれっとコミックス)

必要な犠牲で淀の方様をお守りいたさんとす

 ハンティングクエをサボりがちな状態でアトランティスのタナトス島などを周回しておりました。いやまぁ光銀の冠がもうちょっと欲しかったんだけど、正直ドロップ率はハンティングクエのときのほうが良かったので、そのときに林檎ちょっとかじれば良かったなーとすこし後悔とかもしました。ハンティングクエのほうは副産物が蛇の宝玉だったのがなぁ。余りアイテム御三家みたいな存在だしさぁ。
 ともあれ、アトランティスのタナトス島というのはセイバー、アサシン、バーサーカーが混在するなかなかやりにくいフリークエストです。HP高めのボスっぽい敵がいないかわりにザコが全体的にちょっとHP高めの設定…。そんなところを周回することになって、どうしようかなぁといろいろ編成をいじってたのですが、ここで「茶々と陳宮って結構相性いいよなぁ」ということに気づいたのでした。

 元々の陳宮は呂布と組むことを意識してるんだろうけど、スケゴで味方のバーサーカーへの攻撃を逸らすとか、防御バフを張るとか、こういった時間稼ぎの要素を使って守られながら茶々は毎ターンNP獲得でNPを貯めることができる。
 茶々は配布サーヴァントの割にはあんまり宝具の火力が高くない(宝具5で3万をちょっと超える程度。狂スロ宝具Lv2に負けてる状態)のも欠点といえば欠点だけど、陳宮がバスターUPで宝具威力をサポートすることができる。
 茶々は単体で見ると毎ターンNP獲得があるものの事故的に殴られて沈む不安が高い、毎ターンNP獲得という性質上wave3を任せたいが火力が物足りない、といった、運用において悩ましい欠点も目立つけど、陳宮がそれらを一手に解決できてしまう。
 もちろんぐだイベでイベ特攻もらえば、イベ特攻全体宝具バーサーカーとして大暴れする側面も茶々にはある。

 3ターンとはいかないけど、タナトス島はこんなパーティで周回してました。パーティだけで見るより敵配置を見ながら行動説明するほうが良いかな。

 1wave、にしては3万超えHPの敵がが3体でやや高め。術ニキ宝具で処理。
 術ニキはスキル1&スキル2、陳宮はスケゴを術ニキに、茶々はスキル1&スキル2。真ん中のセイバーはそこそこHPが残ってしまいます。バーサーカーやアサシンも微妙に残ることがある。宝具後に茶々の追撃が入れられるようなカードを選びたいところです。
 術ニキをスパルタクスに変えてみたりとかもしたんだけど、敵にバフがかかってる影響か確殺というわけにはいかず、スパルタクスが殴られるような状態になると2waveで陳宮の宝具を撃てるかどうかに影響もするので、攻撃を受けられる術ニキのほうが向いてるなぁと思う。術ニキの採用は凸虚数魔術で宝具を撃てるという面も大きい。
 カード運が悪かったりすると2ターンで1waveが突破できないこともあるが、陳宮のスキル2で防御バフを張れば茶々が即死することは無い、と思う。このクエストは10~20周くらいはしてる気はするが一応茶々が落ちたことは無い。
 カレスコが無凸なので陳宮がNPを貯める必要もあったりする。1waveはわりとやることが多い。

 2wave、結構敵のHPが高い。ここで陳宮宝具。必要な犠牲は術ニキ。
 敵のセイバーは当然だが残る。ここで術ニキに変わってアルテラサンタが出てくるようにしている。次のターンでアルテラサンタと茶々のカードを選べばセイバーもまぁなんとかなる。
 もちろん陳宮宝具からの追撃で茶々が良い具合に殴れればそれに越したことはない。

 3wave、一応茶々のスキル3は敵のセイバーに。
 アルテラサンタのスキル2&陳宮のスキル3を茶々が受け取ればわりと余裕をもって一掃できる。マスター礼装のサポートも必要なかったりする。

 一体に7万には届かないものの、それに近いダメージが出ている(茶々のスキル3もあって均等なダメージではないだろうが)。

 アルテラサンタは自分で宝具を撃つわけではないが、宝具威力UPを投げられることと、この編成では必要になることはすくないがNP+20を投げられるのも大きい。アーチャーは自己完結的なスキル内容のサーヴァントが多く、サポートに回れるアーチャーというのは意外に少ない。
 3waveの火力をさらに高めるならアルテラサンタのかわりにマーリンとか入れてしまえばさらに火力は伸びるが、アルテラサンタの仕事は2waveでHPの残った敵のセイバーを処理することなので、この枠がキャスターになってしまうのはちょっと回りが悪くなる気がする。

 あとなぁここの周回なぁ最初は「水着武蔵ちゃんが活躍できる混成クエストでは!」と思って入れてたんだけど、いろいろ編成をいじって気がつくとパーティからいなくなっており(ここで謎の剣士からの突然の鉄山靠を受ける)

(amazonへのリンクです↓)

城塞(上中下) 合本版

礼装は整理しておきたい

 今日はわりと初心者のかたを意識して書いた記事です。
 自分は最近ミラティブで配信をはじめました。芸能人みたく楽しいトークができるわけでもないので、正直エンターテイメント要素はかなり低い配信なんですいが、まぁ自分の配信そのものはともかく、自分で配信をするようになった関係で、ごく自然に他の人のプレイも見るようになりました。
 で、まぁ正直言うとFGOは他の人がプレイしてるのを眺めてておもしろい要素ってあんまり無い気もしちゃうんですが、まぁそういう感想とは別に気づいたのは、礼装をちゃんと整理してる人が思った以上に少ない。礼装枠がほぼパンパンの状態で、しかもバレンタイン礼装が結構普通の礼装と並んじゃってて、整理という面では悪さをしてしまっている。この状態が悪いというより、この状態が普通なんだろうなって思います。ひとつひとつの礼装は長押ししないと効果が確認できないので、それを500枚近く確認しろっていうのはもう無理がある。
 こういう状態だとイベント限定礼装を取るとかがよけいめんどくさくなるのかなぁっていう気もしちゃいますね。なので、今回は礼装を整理するのがめんどくさいって思う人が整理を行うコツみたいなものをまず紹介します。ざっくり処理して数を減らせば、そのうえであとのものを残すかどうかも判断することがしやすいはずです。


思い切って星1、星2、星3、星4の礼装はごっそり売って処理
 はっきり行ってこのあたりの礼装は実戦で使えるものは少ないです。逆に残すべきものを紹介します。あとは売りましょう。

星1、星2礼装
 全部売りましょう。

星3礼装
 「龍脈」だけ残してあとは売りましょう。イベント限定の星3礼装は、復刻の見込みがあるなら残しておいてもいいですが、間違って売ってしまっても詰むようなことはないです。迷うなら売ってしまうくらいでいいです。

 同じ礼装を5枚合体されると「最大解放」の状態になり、能力が高まります。NP50%チャージというのは星5イベント礼装ではちょくちょく見るものの、これは星3礼装なのでコストが少なく済むのが利点です。礼装へのコストが少なく済めば、サーヴァントのほうにコストを多く使えることになります。


星4礼装
 いくつか残してほしいものはありますが、ほとんど売ってしまっていいです。イベント限定礼装は星3のものとと同じ考えかたでいいでしょう。

虚数魔術

 星4礼装のなかでダントツに優秀。NP60%チャージ、限界突破でNP75%チャージでバトルを開始します。これを間違えて売ってしまうのはさすがに惜しいので、絵柄を覚えて残してほしいです。

鋼の鍛錬

 防御力を上げるというシンプルな効果ですが、高難易度に挑戦するような段階になると大活躍します。これはゲームに慣れてくる頃には欲しいなぁ~って思うようになりそうな気がするので、残してほしいです。


一の太刀

「必中効果を付与」がポイント。これがないとメチャクチャ苦労する敵がときどき登場します。他の礼装にも同じ効果で代用できたりもしますが、わりと星5礼装なことが多くコスト面では優秀。
 あと、礼装の効果にターン制限がなく戦闘中は効果が永続なのもポイントです。スキルでの必中(あるいは上位互換にあたる無敵貫通)はターン数に制限があるので、いざというときにチャンスを逃してしまうこともあります。礼装で必中や無敵貫通をフォローするのは結構重要です。


記念品関係

 ◯年記念とか◯◯キャンペーンとかでもらえる礼装です。効果自体は特に最近のものは弱いことが多いです。まぁ正直このあたりも、売ってしまえばいいといえばいい…絵を見たくなったらマテリアルのほうで見れますし(一度入手した礼装はマテリアルに登録されるので、絵はそちらで見ることができる)。ただまぁ記念品を雑多に売ってしまうのは惜しい、と思うなら保管庫に入れましょう。装備して戦闘することはあんまり無い気がします。


星5礼装をどうするか
 さすがに上に書いたようにごっそり処理すれば礼装所持枠もかなり空いて整理した状態になると思います。まぁガチャをすごい回すと星5礼装もたくさんあるかもしれないけど…星5礼装はさすがにひとつひとつ長押しで効果を確認して、残すか売るか考えてほしいかな。所持枠に余裕があるなら「迷うから残す」でもいいと思います。


経験値礼装、バレンタイン礼装
 イベントでときどきもらえる、礼装を育てるための経験値礼装はわりとたくさんもらえます。バレンタイン礼装もこれに含まれます。
 これはまぁ、やっぱ数が多すぎるしもったいないからとずっと保持しておくものでもないので、安易に使ってしまっていいと思います。このあたりは売るんだったら礼装につっこんで礼装のレベルを上げたほうがいいかなぁ。

 他の星1~星4礼装も、経験値のすくない経験値礼装のように使うこともできますが、効率よく礼装を育てるのってわりと方法がめんどくさいんですよね。
 礼装所持枠をパンパンにしてる人に「礼装を効率良く育てるにはこれをこうして…」とか説明するのが有効だとは思わない。売ってマナプリならそれはそれで良いかなぁと。

 正直、礼装を育てるのはサーヴァントのレベルやスキルを育てたあとでもいいと思うんですよね。そういう方面でやれることに手詰まりするようになってから、礼装の育て方をあらためて調べても全然いいと思うし。
 とはいえ、そうなる前に礼装枠をパンパンにしてる人も結構多いので、そのことによって礼装が増えるのがめんどくさいと思うようになるのはあんまり良い状態ではないかなぁと思いますね。割とざっくり売ってしまっていいような気がします。

(amazonへのリンクです↓)

【Amazon.co.jp限定】Fate/Grand Order Memories I 概念礼装画集 第1部 2015.07-2016.12(オリジナル特典:「収録概念礼装クリアファイル」付)

【Amazon.co.jp限定】Fate/Grand Order Memories Ⅱ 概念礼装画集 1.5部 2017.01-2018.04 -フレーバーテキスト集同梱版-(こちらの商品にDVDは付きません)(オリジナル特典:「クリアファイル」付)

効果の少ない育成アイテムにどんな意味があるのか

 獣の足跡を安易に水着武蔵ちゃんに使いました。
 まぁ効果自体は微々たるものなわけで、考えすぎると誰にも使えなくなる気がするので、安易に使ってしまうしかないのかなぁって思う。コマンドコードも似たところがあるけど、特に獣の足跡は存在そのものを忘れちゃってる人も多いんじゃないかなぁと思う。
 効果のすくなさに関しては自分はあんまり不満には思ってなくて、逆にこういうアイテムで運用自体が変わっちゃうような大きな変化をすると、そういうサーヴァントとして育成しているプレイヤーの編成は参考にしづらいという状況が発生しかねない。ただでさえサーヴァントの所持未所持で参考にできる編成というのは限られてくるゲームなのに、個々のサーヴァントまで育成方針で能力が変わってくるようだと、参考にできる情報が少なすぎるように思う。
 キャラクターのビルドのようなものを求めている人もいるのかもしれないけど、ビルドの要素を入れると育成の成功失敗というのはどうしても発生してしまう。ガチャでやっと引いたのに育成で失敗しました使い物になりませんという結果が発生するリスクは、たぶん多くのプレイヤーを不幸にするような気がする。育成の不自由さというのは、逆に言えば強さというものをある程度保証している面もある。

 で、獣の足跡に話を戻すと、こういう効果の小さいアイテムをちびちび配るというのは、推しに投資する要素を用意したいといういわば苦肉の策だろう。推しに投資する要素が何もない、というのもある意味虚しい状態だし、ゲームプレイのモチベにも関わってくる。
 なかなか難しいところではあるよなぁと思う。
 ただまぁ実際のプレイヤーの意識というのは、そういう風には向かないこともあるよなぁとも思う。ソシャゲの推しを育てるというのは限界まで育てた状態で悦に浸るという状態が基本のように思われているところはある。
 急にレベル上限が解放されたりすると「推しを育てる要素が増えた!嬉しい!」という風にはプレイヤーはあまり思わず「急に時間のかかる義務を実装しやがって、なんてことしやがる」という発想に至ってしまうらしい。限界まで育てるというのは一度達成してしまうとあとは義務の継続になってしまうという気持ちはわからなくもない。

 そういう意味では、FGOの育成エンドコンテンツともいえる獣の足跡とかが、効果が少なすぎて忘れちゃうような効果しかないのは、ある意味平和な気もするしこのほうがいいんじゃないかなって思う。獣の足跡入れてないの?なんてマウント合戦になるのも不毛な気がするしね。

(amazonへのリンクです↓

ねんどろいどどーる Fate/Grand Order きぐるみパジャマ [フォウくん]

同じゲームを長く続けるということ

 今回は、とりとめのない話で結論もないのですが。

 まだ20代の頃かなぁ。昔は「どうすれば同じゲームを続けられるのだろう」と悩んでいたんですよね。

 これはまぁ、周回が飽きるとかの話というより、自分はなんかどのゲームやっても一ヶ月くらいやり込むと飽きちゃうというか、傾向としては最初は鬼のようにガァーッとやり込むんだけど、ある日プツッと急に触らなくなる。だいたいそのスパンが一ヶ月くらいで、違うゲームに移っちゃうって感じの繰り返しでした。
 やっぱ一ヶ月程度だとやり込むって言ってもまだまだ足りない要素は多いわけで、そういうのを残したまま熱意が冷めちゃって次のゲームに移っちゃう。自分でも良くないよなぁと思いながらやっぱ熱意が冷めちゃったゲームを続けるのは純粋に苦痛なわけで、そこは意識を変えないと駄目だよなぁというのはわりと長いこと思いつつ、実行はなかなかできないでいました。

 結果的には、それは努力や意識の持ちかたの工夫とか、そういう方法で解決はできなくて、単に年を取って新しいものに好奇心を向けるエネルギーが減ってきて、あまりいろんなゲームに移り変わっていくことはしなくなった。「そうなってしまった」に限りなく近い意味の変化で、その理由も新しいゲームのルールやインターフェースとかを覚えるのがめんどくさいとか、ものぐさな気持ちが強くなっただけなんですよね。いいことだとは自分でも思わない。
 ただまぁ、ゲームって趣味なわけで仕事じゃないし、そのときやりたいことを素直にやるのがいいのかなぁって思う。

 例えば今、eスポーツとかで格ゲーで注目されてるような、いやむしろ、そういう大会に出てくるような人は、格ゲーの冬の時代を乗り切ってる人ばかりだと思うんですよね。今だってゲーセンって営業的には厳しいところばかりで、全国で大量のゲーセンが潰れていっちゃうなかで、オンラインによって多少救われた要素はあったかもしれないけど、まず環境があまりに厳しすぎるし、あまりに孤独すぎる。
 自分も初代ストIIの頃は、わりと格ゲーにはハマっていたし、ちょっとガチ目なゲーセンで対戦したら百戦百敗といったありさまで全然結果は残せなかったけど、自分なりに真剣にはプレイしていた。だからこそ、それを冬の時代になってても継続できている人というのはそれだけで尊敬に値するし、まず長く続けているってことがもう凄い。なかなかできないことだと思う。
 いやだって時間を昔に巻き戻して、数十年後には格ゲーはeスポーツとして再び注目されるようになりますよって言われても、まずそれを信じる信じないというのは置いといて、その後に来る冬の時代に耐えられるかっていうと自分はやっぱり無理だと思う。地方のゲーセンなんて未だに活気づいてるわけでもなく、それは都会だってたぶんそうなんだろう。プライズとメダルゲームにほとんど埋め尽くされて追われるように設置されている格ゲーに通い続けて上達を意識しながらプレイするなんてことができるだろうか。それを苦行という以外に何といえばいいのか。

 でも、色々な経験を積んだほうがいいですよっていうのも一面では真実ではあるかもしれないけど、いろいろゲームを中途半端にかじりながら移り変わっていったことが、自分のプラスになったかどうかで言えば、あまりそういう風には思えない。
 もちろんゲームなんて趣味なんだし好きなようにやって楽しめればいい気はする。過去の自分を後悔してるというわけでもないんだけど、長くやってる人は凄いな。自分はそれができないんだよなぁという負い目のような気持ちは未だにあったりします。

マスター礼装のスター集中度が凄い

 マスター礼装で星集中ができるのってありますね。そういえばそのあたりの集中度を調べて水着武蔵ちゃんに使えないかなぁと思って、内部数値書いてあるほうのFGOwikiを見てみたわけですよ。アロハなんかはアーツにだけ星集中とかあっていいですね。純粋なアーツUPもあるし。で、数値を見ると10000とか書いてあるんですね。
 いっちまんっ!!!?
 いやだって狂スロとか狂頼光マッマの星集中スキルを最大まで上げても6000とかですよ?この時点でそんなにいらねーだろって感じの数字ですが、バーサーカーの星集中基本値が低いんでめちゃくちゃ盛ってあるという事情はあるといえばある。星集中してる狂スロと張り合って勝てる星集中とか…すげぇ、すごくない?

 ちょっと試しにライダーに囲まれながらテスト周回。まぁ何もしないとこんなですよねーな星の取り合いですが…

 アロハのスキル2を水着武蔵ちゃんに。見事というほかない集中度。
 アーツカードのみ集中度を高めるので、本人同士のBやQが邪魔に入らないのも大きなポイント。さらにアロハはスキル1がアーツUP+宝具威力UPとあって、もはやアロハは水着武蔵ちゃん専用マスター礼装じゃないのかと思えるくらい。そういえば実装時期同じっだけ?わざとこういう仕様なんだろうか…?
 そういえばステイナイトの士郎や凛が通ってる学校の制服のマスター礼装がわりとアルトリア(セイバー)専用礼装っぽい雰囲気があるんですが、こっちもスター集中が10000だったりします。で、こっちはバスターカードに集中。
 一方でロイヤルブランド(Zeroのアルトリアの服)はわりと常識的な集中度で1000だったりします。カードの種類の指定は無いので本人同士で取り合う可能性もある。まぁこれはわりと初期に実装された礼装なんで仕方ないのかも…。

 しかしまぁ、こうなってくるとオデュッセウスで水着武蔵ちゃんを守りながら3rdアーツクリティカルで一気にNPを稼ぐとかもかなり現実的になってきました。ちょっと悩ましいのはマスター礼装の効果なんで連射を狙うには難しいというところでしょうか。あんまり早くに場にAが出ちゃったりすると上手く活かせないこともあるんですね。このあたりはまたイベントが始まったあたりにちゃんと考えたいところです。

(amazonへのリンクです↓)

FateGrand Order オリジナルサーヴァントウォッチ 時計 宮本武蔵

 こういうのってまず値段が凄くっていいなと思っても買わないよなぁって思っちゃうんだけど、この前アズレンの生放送でやっぱりアズレンでも似た企画があったんですが、見てる人が結構みんな喜んでるのに正直わりとビックリしましたね。いいね!(俺は買わないけど)って感じなんだろうか…?
 まぁ腕時計っていうのは愛用してるものの値段でマウント取るみたいな文化がおっさんの世界にはありまして、まぁ自分はちょうど携帯とか皆が持ち出した頃に就職したんで自分のこととしてはあんまりピンとこないんだけど、まぁ価値を見いだせる層にはいいのかなぁ?
 バカバカしいとか言うつもりは全然無いんだけど、傾いてみせるにしてはちょっとこの値段はなぁ、って思っちゃうかなぁやっぱ。

周回に飽きたらペダルを漕ぎましょう

 これはできればボックスガチャのイベントがはじまる前に導入しておいて準備するほうがいいと思うのですが、エアロバイクを買いましょう。部屋のなかで自転車のペダルを漕ぐトレーニング、というよりはストレッチ目的の器具です。2万円くらいのものでいいと思います。
 エアロバイクの上位機種のような存在としてスピンバイクというのもあります。エアロバイクとは構造が違い、エアロバイクは30分程度漕いだあとには休憩するよう説明書に指示がありますが、スピンバイクは1時間以上を漕ぎづづけることが可能です。
 とはいえ、1時間以上漕ぐというのはガチで自転車趣味をやっててすごい金がかかった自転車に乗るような人がトレーニングに使うような器具です。そこまでのものは必要無いと思います。これはもちろん自転車趣味そのものを否定しているわけではなく、あくまでこの記事における目的には、そこまでものは必要無いという意味です。
 この記事の目的は、ソシャゲの周回、FGOにおいてはボックスガチャの周回の効率的、持続的に行うことが第一の目的です。健康のためとかそういうのは二の次です。

 自分も多くの人と同じように、ボックスガチャは5箱10箱も開ければ周回飽きたなぁという気持ちが湧いてきます。そこに特別に他の人より耐性があるとかそういうことはないんじゃないかと思ってます。
 で、飽きる。飽きたらエアロバイクでペダルを漕ぎましょう。30分でいいです。ちょっと背が高めのスマホスタンド(あるいはタブレットのスタンド)があれば、漕ぎながら周回を継続できます。むしろただ漕ぐだけってのはかなり退屈なので、ソシャゲ周回しながらのほうが漕ぐのもはかどります。
 で、30分も漕げば軽く息があがると思います。とはいえものすごく疲れたというところまではいかないんじゃないかと思います(最初の数回はわりと疲れを感じるかも)。足首などを回しながらクールダウンしつつ、周回は続行しましょう。エアロバイクを漕ぐ前後のストレッチも説明書に紹介してあると思うので、それをそのまま実行するのが良いと思います。

 不思議なことに、30分もペダルを漕ぐと、周回に飽きたなぁという気持ちが吹っ飛んでいます。軽く息があがり、体も温まっているので、体が息を整えようとして、飽きたと思う余裕がなくなるのかもしれません。
 周回に飽きたという気持ちを吹っ飛ばすために2万円を出す。あくまで周回のためです。体にいいとかは良い副産物ではありますが第一目的ではないです。ソシャゲの効率化、継続化のために買いましょう。価値有る投資です。
 休みの日などで一日中時間が取れるなどでも3セット程度エアロバイクを漕ぐだけでもほぼ一日中、周回が可能です。出かけたいなぁという気持ちもかなり解消されるので、良いことづくめですね。
 漕ぐときの機械の負荷の設定ですが、自分にとってちょっと軽く感じるかな?程度にしておくのが良いそうです。負荷が無い状態でギュンギュンに回すと結構すぐケツが痛くなります(ケツ周りの運動量が多すぎるので)。とはいえあまりペダルが重すぎるのも筋トレの領域になってしまいます。30分漕いで死ぬほど疲れるのは運動としての負荷が強すぎです。軽く会話ができる程度の軽さで30分漕ぐのが、ストレッチとしてはベストなのだとか。

 普段のFGOではここまでする必要性は感じないかもしれません。とはいえ虚無期間で冬木で骨を集めたいようなときには有効ですし、習慣として軽い運動を継続したほうがいいというのも間違いない。
 エアロバイクを続けるコツは「ながら」を意識すると良いです。ソシャゲを周回しながら、あるいはYouTubeで動画を見ながら、といったことでもいいです。ペダルを漕ぐだけ、だとほぼ確実にすぐ飽きると思います。ソシャゲを周回するだけ、なのもやはり飽きるでしょう。ふたつを同時に行うほうがむしろ楽に継続できると思います。

 そうなると、要は運動しながらソシャゲすればいいのか、という話になるのですが、これが意外と選択肢が少ない。例えば腕立て伏せや腹筋をしながらソシャゲを周回できるか、と言われるとできないでしょう。しても正直効率はよくありません。
 器具を使うようなものでも手を離すというは結構危険だったりすることが多く、適用できるものは思ったよりも多くない。しかしエアロバイクはアニメを見ながらとか行っている人が結構多い一般的な方法です。逆にエアロバイクの紹介サイトで、継続のコツとしてソシャゲの周回を勧めているサイトもあるくらいです。
 自分も昔は単純に「飽きた」という気持ちを単純に我慢し、ねじ伏せてやっていました。正直これはだれにでも勧められるやりかたではないと思っています。適度に運動を取り入れるほうがよほど理にかなっています。
 とはいえ、自分でも予想以上の効果だったことも事実です。ともあれ、精神的に周回がずっと楽になりました。むしろ、ちょっと本気でゲームに取り組むことを考えているのなら、適度な運動というのはぜひ取り入れるべきだと思います。

(amazonへのリンクです↓)

ALINCO(アルインコ) プログラムバイク AFB6016 16段階負荷調節 トレーニングメニュー付

 自分が買ったのはこれなんですが、正直自分も他の器具のことはほとんど知らないです。最初に買ったこれで不満を感じたこともないかなぁ、という程度の感想です。
 とはいえ、なんか自分が買ったときよりやや高い気がするなぁ、コロナの影響でこういう自宅でできる運動器具は品薄状態みたいなんですよね(ヨドコムも見たけど売り切れが多い)。ちょっと時期は悪いかもしれませんが、まぁ3万くらいの範囲で収まってるなら十分じゃないかなぁとも思います。似た型の8段階負荷調節のがあるのでそっちのほうが安くでいいかも(正直16段階もは必要無いかなって思う)。
 机のときにも似たこと書きましたが、折りたたみを使うのはあんまりオススメしないです。習慣化するまでは場所を確保してエイヤッと折りたたみを広げる、のは億劫に感じると思います。常に設置したままにしておくほうが絶対良いと思います。

(↓記事が良かったら押していただけると励みになります)


Fate/Grand Orderランキング

おっきーの宝具で全体宝具威力を底上げする

 3ターン周回というわけにはいかないのですが、おっきーの宝具のBQバフは配布全体アサシンのふたりと相性が良いです。おっきーのバフを受け取れば、殺スカサハはだいたい6万前後、グレイは7万前後のダメージを出せます。ここでグレイにマスター礼装の威力UPを投げてやれば10万前後のダメージが見込めるようになり、かなりHPの高いライダーのクエストでも全体宝具で一掃することができます。
 バビロニアの廃都バビロンをこのパーティで周回してみます。
 礼装は比較的豪華な状態でスクショを取っていますが、1waveを殴りでNPを稼ぎたいので、全員虚数や部分的に凸龍脈が混じってもいいくらいだと思います。逆に礼装をもっと贅沢に載せられるなら、1ターン目で星が出やすいカードの切り方をして2ターン目以降をBクリティカルなどですばやく抜ける戦法が取れるようになります。

 そういうわけで廃都バビロン。
 1waveです。16000程度のHPが3体。ここは殴りでNPを貯めます。
 殺スカサハはターゲット集中があるので使用。殴られることによって次のターンでは+10くらいのNPが見込めます。
 おっきーはカード性能が高く自身のAや他人に提供されたQでもNPを貯めるのはそんなに難しくはありません。上の礼装の載せ方ならNP+20持ちのグレイは殴らなくても宝具が撃てるので、おっきーと殺スカサハを優先してカードを選びます。
 載せた礼装にもよりますが1~2ターンで全員NPは貯められると思います。
 おっきーはスキル2で他人にNP+20を投げられるので、それを見越して1waveを超えてしまってもいいと思います。

 2wave、3万程度の敵が3体。
 これくらいの敵HPなら、実はおっきーのバフがなくても殺スカサハなら宝具で一掃できます。なんなら殺スカサハのスキル3もいらないんじゃないかな(ポチ数を減らしたいなら)。
 ここで6万前後のダメージが出せるよっていうのは他のクエストにも応用できるかなぁと思います。

 ここでは必要は無いとはいえ、おっきーは殺スカサハにスキル2を投げる。NP+20よりはスター発生率UPが目的になりやすいかな。
 で、おっきー宝具、誰かのQ(殴りで星を出す)、殺スカサハ宝具でチェイン。
 これで敵を一掃しつつ星を50出して3waveに移行できます。

 3wave、星が54になってます。
 7万が2体、9万が一体、ザコ3体の編成としてはかなりHPが高めですが、グレイの宝具で一掃することができます。
 ただマスター礼装のバフは欲しい。ここではは宇宙服を使ってますが、局地礼装とかでもいいと思います。わりと選択の幅は広いので経験値稼ぎしたいものを。
 おっきーのスキル3は9万の敵に、グレイはスキル1とスキル2は使用してください。
 ちなみにここでは必要ありませんが、おっきーのスキル1はクリティカル威力UPがあるので、さらにHPの高い敵を星50で追撃することが可能です。Bクリティカルなら9万の敵が4ケタになるような勢いのダメージが出ます。

 まぁ宝具だけで10万前後出ちゃうんで、ここでは星は使わないんですが。全体的にかなりダメージが高く出せる応用力の高い編成だと思います。

 欠点を挙げると、なんだかんだでNP礼装に頼っていること。3人ともゼロからNP100にするにはちょっと大変だと思います。
 あとポチり数が多いことかなぁ。廃都バビロンでここまでの火力は必要無いので2waveあたりはポチり数を減らすことは一応できるのですが。

 まぁ廃都バビロンを周回するならこれでよかったりします。しかも3ターン周回できる。
 グレイにマーリンバフは載せたいですがフレマーリンでもいいし、むしろ配布のグレイを入手しやすいと見るか入手しづらいと見るか。
 ただまぁ、廃都バビロンに限らずバビロニアは全体的にもらえる絆が結構多いので、絆10のサーヴァントが何人も入ってしまうのはちょっともったいない気はします。アーラシュ、スパルタクス、マーリンなどは絆10になりやすい筆頭とも言えるので、できうるなら代案を使って周回したいところです。
 上に挙げたおっきーでバフをかけるパーティもいいのですが、正直言うと火力がありすぎるのを持て余してる状態なんで、なんか活かせるイベントがあるといいなぁとか思うのですが(でもイベントで9万7万7万よりさらにHP多いクエストを周回せよってのはちょっとハードかもしれない)。

(amazonへのリンクです↓)

Fate/EXTELLA LINK スーパープレミアムフィギュア スカサハ

 テラリン名義でワダアルコ画準拠なんですね。スカサハのフィギュアは種類に恵まれていますが、良い意味でニッチ狙いなチョイスです。

水着武蔵ちゃんの星集め:アサシン編

 アサシン編です。なかなか見ないパーティな気がしますが、毎ターンスター獲得を持っている要素は満たせています。それでは早速テスト周回してみましょう。

60、80、40、70、40(赤が水着武蔵ちゃん)

60、70、50、60、50

70、90、30、30、60

50、60、100、80、40

404040、90、80

100、50、40、40、40

30、60、90、20100

30、80、80、30、60

70、504070、30

10、70、80、80、30

 …ダメっぽいなぁこれ。
 実はアサシンはランサーより星集めができるクラスなんで、実のところこんな感じになるのは予測はしていました。とはいえ、やはりバーサーカーに星を供給し続けるっていうのは難しいなあらためて思います。
 とりあえず水着武蔵ちゃんの星集めシリーズはこのあたりで終了しようかなぁと思います。正直、即実戦投入ってほどの結果にはどれも至らなかった事実はありますが「なんとなく星集めは無理」という認識を漠然と持っているよりは、こうして具体的にテスト周回してちゃんと認識しておくほうが、後の財産になると信じています。また他のキャラで試したくなることもあるだろうと思うし。

(amazonへのリンクです↓)

Fate/Grand Order セイバー/エリザベート・バートリー 〔ブレイブ〕 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

Fate/Grand Order キャスター/エリザベート・バートリー[ハロウィン] 完成品フィギュア

ねんどろいど Fate/Grand Order ランサー/エリザベート・バートリー ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア